うすい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

形容詞[編集]

  1. 布地といった、それを構成する三次元中、ある一つの次元が他の二次元に比べ相当短い立体において、その距離が比較的短いこと。
  2. 頭髪まばらであること。
  3. ある液体溶媒)に物質溶質)を溶解させる場合に溶媒の有する当該溶質を溶解できる限界(飽和)に対して、溶質の量が少ないこと。希釈されていること。

翻訳[編集]

語義1

語義2

関連語[編集]

対義語
派生語

漢熟語[編集]