おおきに

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

副詞[編集]

おおきに【きに】

  1. (主として戦前の口語)大変おおいに
    「いや、おおきにそうかも知れん。なんでも、あれは、貴族、……」 「へえ? それは初耳。めずらしい話だな。眉山みずからの御託宣ですか?」(太宰治 『眉山』)

語源[編集]

感動詞[編集]

おおきに【きに】

  1. (方言、主に関西)ありがとう
    老婆も初めのように感激もしないで、茶店の客から大福の代を貰うように、「おおきに」といいながら受け取った。(菊池寛 『身投げ救助業』)

語源[編集]