おそれる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「おそる

動詞[編集]

おそれるれる(一般的用字)・れる・れる・れる】

  1. 恐怖心をもって、怖いと思う。こわがる
    地震災害目上の人・など]を恐れる。」
    怪物恐れられた豪腕。」
  2. 悪いことが起こるのではないかと心配する。危惧する。
    失敗恐れて何もできずにいる。」
    世間イメージダウン恐れる。」
  3. (「れる」が好まれる)すぐれたものに対して畏敬抱く。おそれ多いと感じる。
    運命炯眼など]を畏れる。」

活用

ラ行下一段活用
おそ-れる

発音[編集]

東京アクセント[編集]
お↗それ↘る
京阪アクセント[編集]
↗おそれる

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1・2

語義3