おっと

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

おっと /

  1. 夫婦における男性配偶者
    見舞い病むいとしがっ食べ物分けたりした。(鷹野つぎ『草藪』)
    女の子生れたという報知しらせ良人から受け取ったのは五月であった。(横光利一御身』)

発音[編集]

おっ↗と

語源[編集]

日本語古語のをつと

関連語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]

間投詞[編集]

おっと

  1. 驚きの表現。
    おっと師匠たばこいれ落ちやす」 (邦枝完二歌麿懺悔 江戸名人伝』)
  2. 受け答えたり呼び掛けたりする用いる
    おいらはこれから、一軒寄って黒門町へ帰ってる。おめえ様子知ってからでねえと、仕事順序立たねえから、ちっとも速く頼む」「おっと合点親分も、お気をつけ行っておくんなせえ」(邦枝完二乳を刺す 黒門町伝七捕物帳』)

発音[編集]

おっ↘と

翻訳[編集]