おに

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

おに[1]

  1. 日本における代表的な伝説上の生物強力な力を有し、暴力的で冷酷非情とされる。姿は、を有し、をたくわえ、のみ半裸で、全身赤又は青のものが現代では一般的。世の中に災厄を与える妖怪としての存在の他、地獄獄卒とされる。
  2. (語源としては異なる外来語)仏教の仮名書き、仏法守る護法の神でもある羅刹天[2]
  3. (語義1と、語義2より転じて)天上の神に対して、地上の神、国つ神、荒ぶる
  4. (語義1と、語義2より転じて)仏教の夜叉(wp)地獄獄卒とされる牛頭ごず馬頭めず、地獄で餓鬼に対する羅刹(wp)を指す。
  5. (俗語)(語義1より転じて)餓鬼をさして、おに俗称する。[3]
  6. (古語:現代でも稀に)追放された者、山賊(wp)海賊などの社会からの逸脱者、また先住民(蝦夷熊襲など)・異人(wp)山姥(wp)山男(wp)などの見なれない、異形いぎょう・いけいの者の事。
  7. (古語)(語義6より転じて)、天狗(wp)はもとより、山伏や山間部に住む山窩さんか(wp)などを指すこともある。
  8. 冷酷非情な人のたとえ。
  9. (語義8より転じて)(情けや、良心を持っていても)心を鬼にすること。[4]
  10. (語義9より転じて)非情と思われるほど物事精魂注ぐ人をさす。 仕事の鬼、学問の鬼 など。
  11. (語義10より転じて)特に勝負事において、すば抜けた能力集中力を有する人や動物。
  12. 遊戯において、(一時的に)他の遊戯者と別の不名誉な役をつとめる人。[5] 

語源[編集]

  • 暗闇を意味する「(オン→オヌ)」が転じたものとされる。漢字(外来語として)のとは、意味はほぼ同じだが語源は異なる。

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

日本独自のものなので厳密な一致はないが、同様のイメージを与えるもの。

語義12

接頭辞[編集]

  1. 無慈悲な、冷酷な。強くて恐ろしい、勇猛な。 (例)「鬼コーチ」、「鬼将軍」
  2. 動植物の種の名前につく。おにやんまおにあざみおにはまだいこん
  3. (新語)(オニ)ギャル用語で、(鬼のような)の意味。凄いたいへん(大きい、強い)と言う形の接頭辞として使われることが多い→オニムカ(凄く腹が立つ) オニウマ凄く美味しい)など。

参考・注釈[編集]

  1. 妖怪としての鬼は日本独自、日本以外においては、幽霊、悪霊等の意味となる。
  2. (名詞:参照) 外来語 を語源とするもの。
  3. (外来語の漢字のとの語源と似た意味)
  4. 接頭辞の語義1と同じ意味で、『鬼のように』など。
  5. おにごっこ参照