かい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

カイ も参照。

同音の漢字については、 Wiktionary:漢字索引 音訓 か#カイ を参照。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアかい の記事があります。

日本語[編集]

名詞:櫂[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

かい

  1. を前に進めるために使う道具オールとも。

関連語[編集]

成句[編集]


名詞:貝[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

かい

  1. 軟体動物のうち、貝殻を持つものの総称。または、貝殻のようなものを持つ生物のこと。
  2. 貝殻の略。
  3. 液体粉末などをすくう道具

関連語[編集]

道具

名詞:卵[編集]

かい】(歴史的仮名遣い:かひ

  1. たまごやそのからのこと。

名詞:甲斐[編集]

かい甲斐】(歴史的仮名遣い:かひ

  1. 甲斐)ある行為に対する価値効果
    「苦労した甲斐があった」
    それを見給ひて、「あな、かひなのわざや。」と宣ひけるよりぞ、思ふに違ふことをば「かひなし」といひける。
    (石上の中納言が)それ(手には子安貝が無く燕の糞しかなかった)をみて、「ああ、貝がないのであるな」と仰ったときから、思い通りにいかないことを「甲斐無し」というようになった(『竹取物語』)。
  2. (甲斐)日本旧国名のひとつ。甲斐国甲州とも。現在の山梨県
  3. (甲斐)山梨県甲斐市
  4. (甲斐)日本人ののひとつ。

名詞:粥[編集]

かい

  1. かゆ」が訛ったもの。

名詞:買い[編集]

かいい】

  1. 買うこと。特に株などの値上がり見越して買うこと。

対義語[編集]


動詞[編集]

かい(歴史的仮名遣い:かひ

  1. ワ行五段活用動詞(古語ではハ行四段活用)の「買う」、「飼う」、「支う」、「交う」の連体形

助詞[編集]

終助詞である「か」と「い」がつながったもの。主に話し言葉で使われる。

  1. 文末につき、質問疑問勧誘驚きなどの意味を強める
    昨日はどこに行ったのかい
    一緒にやらないかい
    ああ、そうかい、結局おまえもかい

同音異義語[編集]

かい