かこう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

(かこう)

  1. 外部及ばないように、周囲とりまく
    縁側見る小庭囲う低い土塀越し一面青田見える。(寺田寅彦竜舌蘭』)
  2. 人目から隠しておく。かくまう
    犯人血まみれどうしたのだ。あいつここ引擦り出し給え一体あの怪漢を、こんど厳重囲っ見せぬようだが、あれ一体何者だ。(海野十三人間灰』)
  3. 別宅などに置く
    たいていの男が、一人二人の妾は囲った。(萩原朔太郎家庭の痛恨』)
  4. 野菜果実などを蓄えておく。
    そしてここてるんです。」とジャン・ヴァルジャンは尋ねた。「なあに囲っやってるんですよ。」ジャン・ヴァルジャンが近寄っ、フォーシュルヴァン老人は実際防寒こもはじ持っていて、それ瓜畑ひろげてるところだった。(ビクトル・ユーゴー著、豊島与志雄訳『レ・ミゼラブル』)
  5. かばう保護する。
    彼はまず路ばた小石拾っ真っ先進んでいるの二、三匹を目がけばらばら打ち付けながらつかつか駈け寄っ囲った。(岡本綺堂玉藻の前』)

活用

ワ行五段活用
かこ-う

発音[編集]

か↗こう

語源[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

とりまく

かくまう

貯蔵。妾

かばう

同音異義語[編集]