かね

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

かね

  1. 、まれに】和語で金属総称
  2. 金銭
    丁寧表現: お/
  3. 円筒の一方がドーム状になった金属製の器具。釣り下げ打ち鳴らすのに用いる。釣り鐘寺院にあるものを梵鐘という。
  4. 】仏具のひとつで、金属製の打楽器
  5. 曲尺かねじゃくの略称。
  6. 漿お歯黒に用いた、歯を黒く染める液体。鉄くずを焼いて濃い茶に浸し、酒などを加えて発酵させて作る。
    そんなにお美しくていらっしゃるのに、一生鉄漿かねをお附けせずにお暮らしなさったのでございます。(太宰治『葉』)

語源[編集]

語義2以降はすべて、原材料に金属を用いているもの。

語義2

  • 貨幣の材料としてなどの金属が長く使われていることに由来する。

語義6

  • 鉄を主成分に製造したことから。

関連語[編集]

語義1

語義2

成句[編集]

翻訳[編集]

  • 語義1:金属の項を参照
  • 語義2:金銭の項を参照

助詞[編集]

かね

  1. (目上の者からの質問念押しの意を添える)
    君がやったのかね