くすり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

くすり

  1. 病気治療のために、飲んだり塗ったりするもの。
  2. (比喩)人としての成長のため役に立つ苦役
  3. 農業防虫除虫のため散布するもの。農薬
  4. 陶器を焼く際にかけ、ガラス様の加工をし、水分をしみこませなくするもの。うわぐすり釉薬

語源[編集]

語源として以下の通説がある[1]

  • クスルから来たもので、ツクル(ツケル)の意[2]
  • クスシキ(奇しき)術から転じたもの[3]
  • クサイリ(草煎)の約語[4]
  • ナグシ(和し)から来たもの[5]
  • の古語クシと同源[6]

翻訳[編集]

語義1

関連語[編集]

  • 対義語:

脚注[編集]

  1. 清水藤太郎『日本薬学史』1949年、1971年復刻、南山堂、p2。
  2. 平田篤胤『古史伝』1887年、平田以志。
  3. 伴信友『方術原論』江戸末期刊。
  4. 橘守部『稜威言別』1850-1894年、椎本吟社。
  5. 佐藤方定『奇魂』天保2年。
  6. 狩谷棭斎『箋注倭名類聚抄』1827年。