くらい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

形容詞[編集]

くらい い】

  1. の量がすくないこと。光がさえぎられている状態。
    外も暗くなってきたから家に帰ろう。
  2. 色の明度が低い。明るさがない。
    こころもちかこの色は暗く見える。
  3. 行動に快活さがない。後ろ向きな考えである。
    わたしは暗いといわれる。
  4. 上手く行きそうにない。先行きが悪い。心配だ。
    我が社の先行きは暗い


活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
くら かろ かっ
けれ 口語活用

関連語[編集]

対義語
派生語

翻訳[編集]

名詞[編集]

くらい

  1. 社会的な身分階級地位位置
    いでや、この世に生まれては、願はしかるべきことこそ多かめれ。帝の御いとかしこし。 (吉田兼好徒然草』)
  2. 形式名詞)ものごとの程度度合い
    私がおつき合いをお願いしている先輩は井伏鱒二氏一人といっていいです。(太宰治『わが半生を語る』)
  3. 段階
    一の位、十の位、百の位

訳語[編集]

身分や階級
身分や階級のうち、王位など最高のもの
数の段階

関連語[編集]

接尾辞[編集]

くらい

  1. 助数詞を含んだ数量を表す言葉について、おおよそ、その数量であることを表現)およそおおよそ
    2時間くらい待った。

訳語[編集]