しばらく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

副詞[編集]

しばらくく、く、須臾

  1. あまり時間経たない様子。
    二人暫く黙った。(国枝史郎『隠亡堀』)
    どうぞ此方暫く待ち下さい」(宮本百合子長崎の一瞥』)
  2. やや長く時間の経つ様子。
    にも隨分暫く逢いませ。(竹久夢二砂がき』)
    自分病気療養ためしばらく滞在するつもだから、階下つい小さいへや借りていた。(寺田寅彦』)
  3. 仮に一時的に。
    人望栄名なぞしばらくき、今日世間知己朋友多きは、差し向き便利あらず。(福澤諭吉学問のすゝめ』)

語源[編集]

発音[編集]

し↗ば↘らく

同系語[編集]