しろ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞:白[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

しろ

  1. の一種。見えるあらゆる波長が多く混ざった色。
  2. 容疑がないこと。
    アリバイがあるので、やつはシロだ。
  3. 何もないこと。空白
  4. 紅白戦白組しろぐみ白石しろいしなど、白に象徴されるもの。

発音[編集]

東京アクセント[編集]
し↘ろ
京阪アクセント[編集]
し↗ろ

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞:城[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

しろ

  1. 近世以前にの建築物で、主に戦時における防御を目的としたもの。
  2. 領主いえ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
し↗ろ↘
京阪アクセント[編集]
↗しろ

翻訳[編集]

名詞:代[編集]

しろ

  1. ある用途のために残しておく部分。バッファ
    のりしろとじしろ
  2. あるものの代わりとするもの。
    身代金(みのしろきん)
  3. 代金
    飲み代(のみしろ
  4. しろかき

動詞[編集]

しろ

  1. さ行変格活用動詞するの命令形

同音異義語[編集]

しろ