すくう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞:掬う[編集]

手で水をすくう

すくうう、う】

  1. 液体などの一部分をなどを用いからる。「掬う」「抄う」とも表記する。
    例文: 手で水をすくう
    そしてそのたび柄杓ひしゃくが水をすくうように、デッキ波浪すくい込んだ。(葉山嘉樹『海に生くる人々』)〔1926年〕
    章は渇きを覚えたので、を飲もうと思っての後ろへ廻り、そこへ来た時にちらと見てあった、岩の裂目さけめからしたたり落ちている水を掬うて飲んだ。(田中貢太郎『狼の怪』)〔1880年-1941年〕

活用

ワ行五段活用
すく-う

発音[編集]

東京アクセント
↗くー

翻訳[編集]

類義語[編集]

派生語[編集]

動詞:救う[編集]

すくうう、う】

  1. こまっている人を、その困難から抜け出させる。くるしみからまぬかれれさせる。「救う」「済う」とも表記する。
    すこしものおぼゆる限りは、「 身に代へてこの御身おんみ一つを救ひたてまつらむ」と、 とよみて、諸声に念じたてまつる。(『源氏物語』「明石」)〔1001年以前〕
    少し人心地ひとごこちのする者は皆に代えて源氏救おうと一所懸命になった。(与謝野晶子訳『源氏物語』「13 明石」)〔1938年〕
    暴君の手から救うのだ。」 (太宰治走れメロス』)〔1940年〕

活用

ワ行五段活用
すく-う

発音[編集]

東京アクセント
↗くー

語源[編集]

く」が転じたとする説(大槻文彦『大言海』)、「掬う」から意味が派生したとする説(堀井令以知『日常語の意味変化辞典』)がある。

翻訳[編集]

類義語[編集]

派生語[編集]

動詞:巣食う[編集]

すくうう、う】

  1. などがを作り、そこにむ。
    例文: 玄関にツバメが巣食っている。
    葡萄蔓えびかづらかとも見ゆる髪の中には、いたいけ四十雀しじふからが何羽とも知れず巣食うて居つた。(芥川龍之介きりしとほろ上人伝』)〔1919年〕
    そしては高く伸びて、牛の群れ戯れるによく、美しい甲虫が這い廻るによく、人の寝転ぶによく、鳥が巣くうよい。(豊島与志雄『湯元の秋』)〔1924年〕
  2. 望ましくないものが住み着く。
    自分は自分の中に巣くう醜と惡とを見て羞恥に飛上らざるを得ない。(阿部次郎『三太郎の日記 第二』)〔1915年〕
    政界裏面永く巣くうて来た海千山千連中だ (大阪朝日新聞 1927年3月2日-3月6日「政党の悩み (1〜5) 憲本連盟の裏」)

活用

ワ行五段活用
すく-う

発音[編集]

東京アクセント
す↗く↘う

別表記[編集]