それでは

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

接続詞[編集]

それでは

  1. 前の文の事実を了解した上で、さらに議論展開することを表す。
    老成の社会人になりきることは学生にとって、恐ろしい堕落であります。学生自らの罪ではないのでしょう。きっと誰かに、そう仕向けられているのでしょう。だから私は不憫だと言うのであります。それでは学生本来の姿は、どのようなものであるか。それに対する答案として、私はシルレルの物語詩を一篇、諸君に語りましょう。(太宰治心の王者』1940)
  2. 前の文の事実からして、当然結果であることを表す。否定的な文が続く。
    ところが、料理屋というものの多くは、酒飲み本位に工夫されているために、たいていの料理人は自分の受け持ちの料理さえ出してしまうと、後の飯がどうであろうと、一切お構いなしで帰ってしまう。それでは料理人としての資格はゼロに等しいといわれても、彼らは一向に頓着(とんちゃく)しない。理想がないからだ。(北大路魯山人お米の話』1947)
  3. 前置きを終えて本題に入るときや、話題を変える時などに聞き手や読み手の注意を惹くために使う。

感動詞[編集]

語源[編集]

  1. 別れの挨拶。