てまえ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

てまえ

  1. 自分近い。類義語:こちら
  2. 目的の場所よりも少し。類義語:寸前
  3. 一人称の一つ。茶の湯他、一般にも用いる、ややへりくだった表現。類義語:自分わたくし
    手前(語義3)も門跡様がお着きになると云う日は、朝から渡世を休んで、鈴ヶ森の手前(語義2)まで往って待ち受けておりました。(田中貢太郎『尼になった老婆』)
  4. 二人称の一つ。目下の人に対して使う高圧的な表現。類義語:てめえ(転訛)、おまえ貴様
    「馬鹿野郎!手前たちは木偶の棒だ。卑怯者だ。」(有島武郎『卑怯者』)
  5. 腕前技量。特に茶の湯におけるもの。類義語:手並み
  6. 対外的、社会的な体裁

対義語[編集]

派生語[編集]