なんじ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

なんし も参照。

日本語[編集]

代名詞[編集]

なんじ;古い漢文で用いられることがある)、

  1. 二人称雅語文語。主に同格又は目下の相手に用いる。

語源[編集]

  • 古代日本語の二人称「」に、高貴を意味する語「むち(貴)」が付いてできた「なむち」が転じた(cf.おおなむち。大国主の別称)

翻訳[編集]

  • アラビア語・エジプト: إنت ʔinta 男性, إنتى ʔinti 女性
  • カタルーニャ語:
  • ドイツ語: du, Du
  • 英語: thou
  • エスペラント: ci
  • スペイン語:
  • 西フリジア語:
  • フランス語: tu
  • アイルランド語:
  • ヘブライ語: אתה (atá) 男性, את (at) 女性
  • ハンガリー語: te
  • イタリア語: tu
  • ラテン語: tu
  • オランダ語: gij , jij
  • ポーランド語: ty
  • ポルトガル語: tu, você
  • ロシア語: ты (ty)
  • スコットランド語: thu, tu
  • スロヴェニア語: ti
  • 中国語: (nǐ)

名詞[編集]

  1. 時刻を尋ねるときに間投詞的に用いる。
    何時かわかりますか?

翻訳[編集]


同音異義語[編集]

なんじ