ほとけ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

ほとけ

  1. 仏教ヒンドゥー教ジャイナ教などのインドの伝統宗教で、覚者、「悟った者」のこと。
    1. 狭義には仏教の開祖であるゴータマ・シッダールタ。お釈迦さま、釈迦牟尼
    2. 1.1に次ぐ狭義として、大乗仏教の諸仏(諸如来)。(釈迦如来も含む。)
    3. 菩薩明王高僧などで、如来になれるが、衆生救済のためなど、敢えてなろうとしない人。
      1. 派生して、仏(菩薩)のようにやさしく善良な人。
        ことわざ: 仏の顔も三度知らぬが仏
    4. 上記のような仏をかたどった像。仏像
      ことわざ: 仏作って魂入れず
  2. 日本における死者婉曲的な表現。ほとけさま。死後に成仏するという大乗仏教の考えから。
    例文: 仏になる。仏さまにお線香をあげる。
    1. (俗語:警察)死者に対するいささか品の悪い表現。ガイシャ被害者)などと同列に用いられる隠語

発音[編集]

ホ↗トケ↘ ホ↗トケ

語源[編集]

  • 確定的ではないが、buddha仏陀)の漢音写、「浮屠」(ふと)または「仏図」(ふっと)に、「儒家」等に見られる、学派一派を意味する「」を添えた、「浮屠家」「仏図家」がなまったものとの説がある。

関連語[編集]