よし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞・由[編集]

よし

  1. (古語・雅語)理由
  2. (古語・雅語)手段
    知るよしもない。
  3. (古語・雅語・文書語)伝聞した内容。
    お元気とのよし伺い、なによりです。

名詞・葦[編集]

よし

  1. 水辺に群生するイネ科の植物であるあしの別名。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアヨシ の記事があります。

語源[編集]

  • 「あし」が「悪し」に通じ縁起が悪いとされたため言い換えられたもの。

成句[編集]

翻訳[編集]

感動詞[編集]

よしし】

  1. (物事の首尾がよいことを表わす)よろしいオーケー

古典日本語[編集]

名詞[編集]

よし

  1. 理由
  2. 手段
    名にしおはば あふさか山の さねかづら 人にしられで くるよしもがな小倉百人一首・三条右大臣藤原定方
    その名にふさわしいのというのならば、「逢坂山のさねかづら」よ、蔓を手繰り寄せるように、知れずあの思う人の元へ辿り着く方法があればよいのに。

形容詞[編集]

よしし、し、し、し、し】

  1. よい