一事不再理

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア一事不再理 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(いちじふさいり)

  1. 判決確定した事件について、再び裁判に付されることはないとする裁判法上の原則。ローマ法からの伝統であり、元は裁判の権威維持を目的としていたが、後世には裁判経済と、刑事裁判における被告人人権観点から、各国の法制度に採用されている。

関連語[編集]

翻訳[編集]