一意専心

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

成句[編集]

(いちいせんしん)

  1. 考えず一つのことだけに注ぐこと。
    だから、家元ばかりはドンナ事があっても衣食に困らないようにして、芸道の研究に生涯を捧げ、時流に媚びず、批評家に過またれず、一意専心、自己の信念に向って精進せねばならぬ。(夢野久作『能とは何か』)

翻訳[編集]

由来[編集]

管氏

四體既正,血氣既靜,一意摶心,耳目不淫,雖遠若近思索生知,慢易生憂。

関連語[編集]