出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形甲骨文字金文から見ると物を担いだ人を象ったものと判断される、「」の原字。形声文字として、「人」+音符「」とも解されるか。喉を詰まらせて出す音(「」→「」、同系:「」)で、人を呼びとめたりすることを表し(誰何)、そこから、対象に関する疑問詞の用法となる。

意義[編集]

  1. (疑問詞)なに
    文脈や後置語により、「だれ(=何者)」「どれどの(選択)」「いつ(=何時)」「どこいづこ(=何処)」「なぜなにゆえ(=何故)」など、疑問一般に用いる。
  2. (譲歩)なんであっても。
  3. 反語)どうして、~であろうか(=決して、~ではない)。
  4. (中国)姓のひとつ、広東に見られる「Ho(ホー)」。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語: 日本語[編集]


中国語[編集]

*

代名詞[編集]

  1. (文語 疑問代名詞)なに

形容詞[編集]

  1. (文語 疑問形容詞 複合疑問詞を作る)なんの

副詞[編集]

  1. (文語 疑問副詞)なぜどうして

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第21位。

熟語: 中国語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

人名[編集]

  1. ベトナム人ののひとつ。


コード等[編集]

点字[編集]