出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

口 口 口 口
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. くち
  2. 最初の場所

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. (くち)人間など動植物が、飲食物を接取するための穴状にに開いた器官のこと。
  2. (くち)転じて、物・人の出入り場所や、物を出し入れする場所。 例「登山‐」・「戸‐」
  3. (くち)転じて、物事の始め。例「宵の‐」
  4. (くち)内側と外側の境となる場所。
  5. (くち)物が入り込む事がある所。(就職先・縁談先など)

助数詞[編集]

  1. (くち)ある物事をいくつかに分割したうちの一部分。例「一‐」
  2. ()・(コウ)・(ふり)刀剣を数える時の単位。例「一‐」

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. くち

量詞[編集]

  1. (家族の人数)~人。
  2. 家畜に用いる量詞。
  3. 口のある物に用いる量詞。
  4. 口に含んだものや出るものに用いる量詞。
  5. 刃物に用いる量詞。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. くち

熟語: ベトナム語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]