只管

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

副詞・形容動詞[編集]

  1. (しかん:宋代の中国語より)ひたすら、~だけをする。
    只管打坐:曹洞宗における宗教の姿勢を示す語。
  2. ひたすら」の漢字表現。明治期から戦前にかけ多く用いられる。
    己が業が兒戲に類するかどうか、兎にも角にも早く其の人に會つて腕を比べたいとあせりつつ、彼は只管に道を急ぐ。(中島敦 『名人傳』)

中国語[編集]

副詞[編集]

只管 (ピンイン:zhǐguǎn 注音符号:ㄓˇ ㄍㄨㄢˇ 閩南語:chí-koán)

  1. かまわず~する、遠慮せず~する。
  2. ひたすら~する、~ばかりする。

類義語[編集]

語義2:ひたすら