出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「(手の動作)」+「口」、戸を手でひらく。「口」は言葉を発することを表すものか?

意義[編集]

  1. ひらく。
  2. はじめる。
  3. 言葉を発する、説明する。
    1. 特に、目上の者に申しあげる。
    2. (日本)貴人の行動。
      行啓

日本語[編集]

発音[編集]

動詞[編集]

啓す

  1. 貴人、後に、天皇に準ずる三后皇太子などに対して)申し上げる
    • する」「奏上する」は、天皇、上皇法皇に対して用い、「啓す」はそれに準ずる貴人に対して用いる。いわゆる、絶対敬語。なお、「啓上」は「啓する」ほど強い敬意の含意はない。
    心も乱れて、啓すべき方もなければ、「ただ、『かけまくもかしこき神のしるしには鶴のよはひとなりぬべきかな』、あまりにやと啓せさせたまへ」とて参らせつ。(清少納言枕草子』)
    (宮中を離れ実家にいる清少納言の元へ、中宮定子から紙が贈られ、戻って来るようにとの催促があったのに対し)落ち着いてはいられないのですが、(中宮定子に)申し上げる方法もないので、(使いの者に)「ただ、『口に出すのも畏れ多い神(「紙」とかける)様のご霊験で鶴のように千年もの寿命を生きることになりそうです』、ちょっと大袈裟でしょうか、と(中宮様に)申し上げてください」と言って、帰参させた。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]