宿

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

宿

字源[編集]

[編集]

字音一覧
中古音 現代中国語 日本語 朝鮮語 ベトナム語
三十六字母 中古音の四声 広韻 平水韻 普通話 漢音 呉音 朝鮮漢字音 漢越語
A 心母 入声 屋韻 シュク スク túc
B 去声 宥韻 xiù (シウ) (シュ)

括弧内は殆ど使われない字音。

意義[編集]

A: 心屋切[編集]

入声屋韻
動詞[編集]
  1. やどる。一晩宿泊する。
    「鳥宿池邊樹」(鳥は宿る池邊ちへん
    鳥が池の畔に生えている木に宿っていた。賈島『題李疑(凝)幽居』)
    「邊(平声字)」字を「中(平声字)」字につくるテキストが普通。
形容詞[編集]
  1. 以前からの。
    宿敵」、「宿老
  2. (仏教)前世の。
    宿世」、「宿命
名詞[編集]
  1. やど

B: 心宥切[編集]

去声宥韻
名詞[編集]
  1. (中国天文学)星座。「星宿」。
    二十八宿
  2. (インド天文学)ナクシャトラ。(サンスクリット: नक्षत्रの訳語)
    二十七宿」「宿曜道

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. やど) 住み家。
  2. やど) 旅先で泊まる家屋。

熟語[編集]

中国語[編集]

宿 *

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

宿 *

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

宿 *

コード等[編集]

点字[編集]