出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

  • 部首: + 2 画
  • 総画: 5画
  • 異体字 : 現代日本の新字体において、次の漢字を代替する。例えば後述のように、弁護士の「弁」と弁理士の「弁」は本来は異なる字であり、意味も異なる[1]

字源[編集]

意義[編集]

  1. かんむり
    武弁

日本語[編集]

発音[編集]

造語成分[編集]

  1. [弁](かんむり)。
  2. [辨/辧]正しいか正しくないかを分ける。わきまえる。
  3. [辯]述べる。
  4. [瓣]花びら。
  5. [瓣]管を流れる気体・液体の流れを制御する装置。バルブ
  6. [辮]髪形の一つ。
  7. [辦]処理する。
    弁償弁理
  8. 弁当の略
    駅弁早弁

問題点[編集]

  1. これほどの十把一絡げは、新字体の字体採用においても甚だしく逸脱した例であり、字義に沿った字の使い分けが全く出来なくなるため、語意を不明瞭にする事態を引き起こした。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

(bàn;辦)も参照。


朝鮮語[編集]

*

コード等[編集]

  • Unicode
    • 16進:5F01
    • 10進:24321
  • JIS X 0208(-1978,1983,1990)
  • 四角号碼 : 23440
  • 倉頡入力法 : 戈廿 (IT), X戈廿 (XIT)
  • 康熙字典: 0353.110
  • 諸橋大漢和(日本): 09588
  • 大字源(韓国): 0668.110
  • 漢語大字典(中国): 10514.070