恒星

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア恒星 の記事があります。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア連珠 の記事があります。

日本語[編集]

名詞:天体[編集]

こうせい

  1. 天体のうち、自らの持つエネルギーにより発光するもの。多くは核融合によるエネルギーによって光る。
  2. 連珠で、三手目までを図のように置いた時の珠形
Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg
Go.svg Go.svg Go.svg Go w2.svg Go.svg
Go.svg Go.svg Go b1.svg Go.svg Go b3.svg
Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg
Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg Go.svg

語源[編集]

天体
恒星は地球から見て天球上を動かず、常的に同じ場所に位置しているように見えるであるから。
連珠
語義1より

関連語[編集]

天体

連珠

翻訳[編集]

他種の「星」と明示的に区別するもの

中国語[編集]

名詞[編集]

 (繁): 恆星 (héng xīng)

  1. 天体のうち、自らの持つエネルギーにより発光するもの。

発音[編集]

派生語[編集]


朝鮮語[編集]

名詞[編集]

  1. 恒星。天体のうち、自らの持つエネルギーにより発光するもの。