愛憎

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

  1. (あいぞう) することと憎むこと。特に相手に対して好悪の感情を抱くこと。
    選択愛憎等の情緒的な心情アプリオリ内容を持ち、「心情の秩序」が存在する。(倉田百三『学生と教養――教養と倫理学――』)
  2. (あいそ)愛想
    宅悦はお岩の鬼魅のわるい顔を避けながらもじもじしていた。「ひどいことをするものだ、男のわしでさえ愛憎(あいそ)がつきた。もし、お岩さん、あんな薄情な男と、何時までいっしょにいねえで、いっそわたしと」(田中貢太郎『南北の東海道四谷怪談』)