敏感

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

(びんかん)

  1. 感覚鋭くわずかなことにもすぐじること。
    哀訴や、敏感や、細胞憂愁全く都会人、文明人特質古代知らないであるとかもしれない。(宮本百合子初夏』)
    やっぱり女性敏感なか理解しっとり緻密溶け込んでいるのでなければ、淋しい男性にとってほんとう喜びではないと思うんです。(岡本かの子高原の太陽』)

発音[編集]

び↗んかん

関連語[編集]

発音[編集]

び↗んかん

翻訳[編集]

形容動詞[編集]

  1. 感覚が鋭く、わずかなことにもすぐ感じるさま。
    敏感な三田(みた)は、すべてしたようであった。(太宰治散華』)
    日常性に於いてその現象移り変り敏感捉えるということこそ風俗作家重要立場いうべきだろう。(小熊秀雄小熊秀雄全集-19- 美術論・画論』)

活用[編集]

ダ型活用
敏感-だ

翻訳[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

敏感민감

  1. (日本語に同じ)敏感

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: mǐngǎn
  • 注音符号: ㄇㄧㄣˇ ㄍㄢˇ
  • 広東語: man5gam2
  • 閩南語: bín-kám

形容詞[編集]

 

  1. 敏感な