教訓

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

きょうくん

  1. 教え諭すこと。
    この敗局は、ために、よい教訓であったと思う。 (坂口安吾呉清源』)
    其処並んでいたから恐らく一生受用しても尽きること知ら教訓学んだ。(芥川龍之介僻見』)

発音[編集]

きょ↗-くん

翻訳[編集]

動詞[編集]

  1. 教えを諭す。
    時間空間労働気候動物機械すべて一般自然して居るものは、毎日毎日人間教訓してれる。(岩野泡鳴神秘的半獣主義』)

活用

サ行変格活用
教訓-する

翻訳[編集]

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: jiàoxun
  • 注音符号: ㄐㄧㄠˋ ˙ㄒㄩㄣ
  • 広東語: gaau3fan3
  • 閩南語: kàu-hùn
  • 客家語: kau-hiun

名詞[編集]

教訓  (簡): 教训

  1. (日本語に同じ)教訓