日本

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

本日 も参照。

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア日本 の記事があります。

日本語[編集]

固有名詞[編集]

(にほん、にっぽん、ひのもと)

  1. アジアにあるの一つ。

発音[編集]

にっぽん
ニ↗ッポ↘ン
IPA: /nʲipːóɴ/
X-SAMPA:/n'ip:o_HN/
にほん
ニ↗ホ↘ン
IPA: /nʲihóɴ/
X-SAMPA:/n'iho_HN/
(雅語)ひのもと
ヒ↗ノ↘モト、ヒノモト
IPA: /çinómoto, çinomoto/
X-SAMPA:/Cino_Hmoto, Cinomoto/
  • 「にほん」と「にっぽん」の何れの読みが正しいかを規定する法令はない。日常的にはほとんどの場合「にほん」と発音する。ローマ字表記をする場合は、Nihon では正しく「にほん」と発音されないおそれがあるため、Nippon と表記する例が多い(郵便切手日本銀行券 等)。NHKも一部例外を除き「にっぽん」と発音している。

語源[編集]

  • 日が昇るところの意味から。
  • ヒは霊または霊的、神秘的な働きのこと。そのヒの元の国。
    7世紀後半から8世紀当初までの間に、国に代えて使用されはじめたとされる。一説には、白村江の戦い以来険悪になった王朝と、国交を回復するため、「倭国」と別政府であることを主張しようとした事による改名とも言われる。
  • 呉音読みの「にっぽん」から促音を略した「にほん」とも発音されるようになった。万葉仮名を参考にすると平安時代には「にふぉん」と発音されたこともあると推測されている。
  • 「日本国」を元代の音で表わすと「rɪəi puən kuo」となるが、これをマルコ・ポーロが聞き取って、東方見聞録においてCipangu(あるいChipangu ジバング)として紹介したことから、欧米語のGiappone,JaponJapan等の語源となったとされる。
  • ヒは

関連語[編集]

翻訳[編集]


中国語[編集]

読み[編集]

漢語拼音
Rìběn
注音符号
ㄖˋㄅㄣˇ
広東語
Yat6bun2

発音[編集]

固有名詞[編集]

  1. 日本

朝鮮語[編集]

固有名詞: 朝鮮語[編集]

  1. 日本



ベトナム語[編集]

固有名詞[編集]

  1. 日本