杜撰

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

(ずさん)

  1. 根拠の確かでない詩や文章を書くこと。また、その誤まりが多い著作。
    故に其飜訳でも著作でも、一字一語皆出処があって、決して杜撰なものでは無かった。(幸徳秋水 『文士としての兆民先生』)
  2. 物事の扱いが不適切で、誤りが多いこと。手抜き。いい加減。
    アスファルト大道と云うものの、その二十間道路の上には、どこもかしこも多量の泥が流れていて、勾配の計算が杜撰にされた証拠に、あるところでは、大水溜りがあった。(宮本百合子 『播州平野』)

出典[編集]

南宋の王楙が著した『野客叢書』(やかくそうしょ)の以下の箇所による。

  • 杜默 為詩、多不合律。故言事不合格者為杜撰
    杜黙(ともく)はの詩人、「撰」は著作することで、杜黙の作る(作詩の規則)を外れたものが多かったことから、誤まりが多い著作を意味するようになったという。

類義語[編集]

  • 孟浪
    強調表現として、孟浪杜撰を用いる事もある。

中国語[編集]

動詞[編集]

 (dù zhuàn)

  1. でたらめな著作をする、捏造する。