出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「」は、「」+音符「」の会意形声は人を水で禊ぎを行なう意の会意文字で、水の流れる様から細長いの意が生じた。あわせて、細長い木の枝を意味。そこから、「すじ」、すじ状に書いた文書、「すじみち」の意が生じた。

意義[編集]

  1. えだ
  2. すじ
    条里制
  3. すじ状に書いた文書。転じて、法律、規則、契約の類。
    条文条約条例金科玉条
  4. すじみち。
    条理


日本語[編集]

発音[編集]


名詞[編集]

  1. (おち) いくつか分かれている事項数えるのに用いる箇条
  2. (おちおち) 一つ一つ箇条件々
  3. (くだり) 文章一定部分
  4. (くだり) 述べた文の箇所述べた事柄くだん
  5. (ジョウ) ひとつずつ書き分けた文章箇条
  6. (ジョウ) 条坊制で、南北九つ分けた区画
  7. (ジョウ) 古代条里制耕地区画
  8. (ジョウ) ことかど
  9. (ジョウ) ~によって。~故に

接尾辞[編集]

  1. (ジョウ) 条文条項などを数えるのに用いる
  2. (ジョウ) 細長いもの数えるのに用いる

熟語[編集]

中国語[編集]

*

量詞[編集]

tiáo

  1. 細長いものの数。

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]