出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

・船の先端、船頭者が持つ棹。

意義[編集]

1.船頭、船を進めるのに用いる長い棒。水棹(みさお)。万葉集(18)「船に乗り川の瀬ごとに-さしのぼれ」

2.真っ直ぐに長い物のたとえ。

3.三味線の同から上の、弦を張った長い部分。転じて、三味線。

4.箪笥(たんす)・長持(ながもち)などにさしてかつぐ棒。また、箪笥・長持などを数えるのに用いる語。「箪笥一-」

5.羊羹(ようかん)・洲浜(すはま)などの棹物菓子を数えるのに用いる語。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]