出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

意義[編集]

  1. 地名に用いられた文字。
    1. もとは、黄河支流洛水」。
    2. 洛水の北に造営された西周の都「洛陽
    3. (日本)京都に関する語を形成。

日本語[編集]

発音[編集]

造語成分[編集]

  1. 京都に関する語を形成。
    上洛洛中洛外洛北

由来[編集]

  • 元は平安京の西部を「長安」、東部を「洛陽」と称したが、低湿地であった東部は早くに廃れ、「洛陽」の部分が平安京(京都)を代表する地域となったことによる。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]