涅槃

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア涅槃 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(ねはん)

  1. 〔仏教用語〕煩悩滅却した状態のこと。原語「ニルヴァーナ」の「吹き消された」という意味から。その意味に、さらに、輪廻転生りんねてんしょう(世界)から解脱げだつした状態(彼岸ひがん)、および、智慧ちえにより真理を獲得した状態(さとりを得た状態)の意味が付け加わり、仏教独特の観念が形成された。つまり、通常、涅槃と言うときにはこれらの意味の複合した概念を指す。→涅槃寂静
  2. 釈迦牟尼」を意味する語。入寂入滅。(高僧に対しても用いられることがある。)
    「涅槃に入る」、「涅槃会ねはんえ」、「釈迦涅槃図」などの形で用いられる。

発音[編集]

ネ↗ハン

語源[編集]

パーリ語 निब्बान (nibbāna)、サンスクリット निर्वाण (nirvāṇa) から。その訛った発音からの音訳。

関連語[編集]

[語義1]

[語義2]