画餅

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

(がべい)

  1. 役に立たないもの。計画だけあって、実現しないもの。
    だからよしんばあの婆の爪の下から、お敏を救い出す名案があってもだね、おまけにその名案が今日明日中に思いついたにしてもだ。明日の晩お敏に逢えなけりゃ、すべての計画が画餅になる訣だろう。(芥川龍之介 『妖婆』)

出典[編集]

三国志・魏書・廬毓

  • (白文)選擧莫取有名、名如地作、不可啖也
  • (訓読文)選び挙ぐるに名有る(のみ)を取る莫れ。名は地に画きて餅を作すが如し、啖ふべからず。
  • (現代語訳)登用するのに有名であるからといって採用してはいけない、名(評判)などと言うものは、地面に画いた餅みたいなものだ、食べることはできない。

同義句[編集]

連語[編集]

翻訳[編集]