出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

矢 矢 矢 矢
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. 弓で射る「」。
    類義語:


日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. 古代から近世以前に用いられた武器で、直線の棒のに重りをつけ、その反対側に等をつけたもの。重りとして鋭く重い金属やじり)などをつけ、によってとばすことにより貫通力を得、遠方の相手に対しての攻撃も可能となる。また、鏃に代えて発火物をつける場合もある。現代においては、スポーツ娯楽のほか、お守などとして残る。
  2.  語義1の攻撃は一斉に襲うことが多かったことから)次から次に連続するものの例え。
    催促矢面に立つ。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]