出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」又は「」+「」+「品」、「臣」は伏した目の象形でものを上から見ること、人が上からもの(品)を見ること、又は、伏してものを見ること。

意義[編集]

  1. のぞむ
    1. 見下ろす。高い所から低い所をみる。
    2. 身分の高い人が低い人の元へ行く。天子貴人が、その場所に自ら出向く
    3. 相手を敬って、その人が自分の所に来ることを言う。
    4. むかう当面する。
    5. 直接その場へ行く。
    6. 治める
  2. 六十四卦の一つ。卦の形はIching-hexagram-19.svgであり、兌下坤上(だかこんしょう)で構成される。
    w:周易上経三十卦の一覧#臨も参照。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]