出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」、「云」は「」の原字でもやもやとひろがる様子を表し、元々そのような草(ヘンルーダ)を意味した。現在、日本においては、「藝」の新字体・略体として用い、中国では「蕓」の簡体字として用いる(別字衝突)。

意義[編集]

  1. ヘンルーダ(ミカン科のハーブ
  2. 書物(ヘンルーダを書物の除虫草として使ったことから)
  3. (日本)「」の新字体
  4. (中国)「」の簡体字

日本語[編集]

発音[編集]

名詞・造語成分[編集]

」の新字体

  1. 植物を植える。
    園芸農芸
  2. ゲイ技術
    芸能技芸芸術
  3. 人前で演じるための特別な技。
    曲芸
  4. 安芸国の略。
    芸予海峡

訳語[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*(繁体字:

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]

字典番号[編集]

  • 康熙字典: 1021.070
  • 諸橋大漢和(日本): 30741'
  • 大字源(韓国): 1480.050
  • 漢語大字典(中国): 53178.040