蒸発

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア蒸発 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

 (じょうはつ)

  1. 液体表面気化する現象
    考えよると、丁度九時になって一人人間全身ずぶ濡れになって此のへや飛びこんたのです。そのため濡れ水分室内蒸発はじめ湿度高くなりました。(海野十三赤耀館事件の真相』)
  2. (比喩的に)行方くらますこと。不意姿消すこと。
    巨大指紋遺し犯人蒸発 推察するに相当大男ならん――』などという新聞紙センセイショナルタイトルまでもうちかちかひらめくのでした。(蘭郁二郎足の裏』)
    行っておしまいなりました。夜逃げなさいました。蒸発をなさいました」(チェスタートン著、直木三十五訳『秘密の庭』)

発音[編集]

じょ↗ーはつ

関連語[編集]

(語義1)

翻訳[編集]

(語義1)

(語義2)

動詞[編集]

  1. 液体の表面が気化する。
    地表から蒸発した水蒸気沢山含ん空気温められると、上昇して行く。(中谷宇吉郎「茶碗の湯」のことなど』)
    炎天溜めようとしても、水は、いつの間にか蒸発してしまう。(佐左木俊郎』)
  2. 語義1より転じて、行方を眩ます。

活用

サ行変格活用
蒸発-する

翻訳[編集]

(語義1)

(語義2)