出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。「(=毒蛇の象形文字)」は空に上ったを意味し(双頭の蛇の伝説による象形文字も甲骨文字には見られる。下図参照)、それが空を貫いている(「」はあるものに穴を開け貫くを意味する会意文字。cf.)ことを意味している。

意義[編集]

  1. はっきりと見えるにじ
  2. 乱す
  3. 潰れる

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
語義1。うっすらと見える半円状の光の帯が虹である。
虹が上がっているところの拡大写真。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. にじアーチ状に掛かる光の。多くはがやんだ後に天空に現れるものを指すが、雨上がりに限らずスプリンクラーの付近などでしばしば見られる。太陽光が大気中の水滴によって屈折反射されるとき、太陽光に含まれる各波長の光の屈折率の違いによって作られる。

翻訳[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*


コード等[編集]