出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「言(ことば)」+音符「𧶠」(「イク」または「ショク」。「(=)」に似るが「(モウ)」ではなく「」。人目につかせ立ち止まらせて売ること)。立ち止まらせる、区切るなどの意があり、「みぞ)」「(とどこおらせる)」と同系。

[編集]

字音一覧
中古音 現代中国語 日本語 朝鮮語 ベトナム語
中古音の声調 広韻 平水韻 普通話 漢音 呉音 朝鮮漢字音 漢越語
A 入声 屋韻 トク ドク độc
B 去声 候韻 宥韻 dòu トウ (ヅ)

括弧内は殆ど使われない字音。

意義[編集]

(括弧内は『広韻』、外は『平水韻』に従う。一致する場合括弧は記さず。)

A: 入声屋韻[編集]

動詞[編集]
  1. よむ。書かれたものを一句一句目で追って理解する、または声に出す。
    歌又賦詩、」(歌をみ又詩を(ふ)し、)
    短歌を詠み、また漢詩を作ったりして、(良寛『窻前芭蕉樹』)

B: 去声宥(候)韻[編集]

動詞[編集]
  1. 一時的にとまる。(「」を参照。)
名詞[編集]
  1. より短い文章中の切れ目を示すしるし。
    讀點」、「吏讀イドゥ)(リドゥ)

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]