1

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

アラビア数字[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア1 の記事があります。
  1. 数学》 最小整数0で、2の整数。
  2. 《数学》 実数位取り記数法(wp)記すための数字一つ
  3. 長さ重さなど連続したおける基準となる単位数。
    日本語現代日本語)での用例
    1つひとつ、1(いっこ)、1ひとり、いちにん)、1いっぴき、1(いちにち)1日(だいいちにち)、1ページ(いちページ)、1(いちばん)、1番目(いちばんめ)(これらは、「一つ」「一個」「一人」「一日」「一ページ」「一番などといった漢数詞(wp)用法とは違って、変化する可能性のある数に限っ用いるのが通常)。1〈いちめい〉一名」は語義多い)。レッスン1(レッスンワン、レッスンいち)原子番号1(げんしばんごういち)
    また数字が2以上になる一連記述では、多く場合冗長目立つ漢数詞を避けアラビア数字で表す(例:「一日から三十一日まで」→「1日から31日まで」 「第一代初代天皇から第二十代天皇まで」→「第1代天皇から第125代天皇まで」)。ただし縦書き(wp)の場合は漢数詞表記も多い。
  4. ある物事ありそれ以外には無いことを表す数。
    • 日本語(現代日本語)では、この意味では漢数詞「」を用いるのが通常(一つ)。
  5. 自然数最初の数であることから)物事の始めを表す数。
    • 日本語(現代日本語)では、この意味では漢数詞「一」を用いるのが通常。
  6. (語義5よりじて)物事の順位において最高位であることを表す。
    日本語(現代日本語)での例 :1(だいいちい)、1位(いちい)

読み[編集]

関連[編集]

【 (......) - -1012 - (...略...) 】

対応する他の数字

関連[編集]

文字情報[編集]

コード[編集]