chevron

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアシェブロン (紋章学) の記事があります。

英語[編集]

語源[編集]

中英語 cheveroun < 古フランス語 chevron (垂木、山形紋) < 俗ラテン語 capriō ( ラテン語 caper (ヤギ) )

発音[編集]

  • IPA: /ˈʃɛvrən/

名詞[編集]

名詞 1
名詞 3

chevron (複数 chevrons)

  1. 軍隊の下士官や警察官の制服につけるV字形又は山形の階級章。主に袖にある。
  2. 《建築》山形模様:柱の端部又は接続部の刳型くりがたなどに施される。
  3. 《紋章》シェブロン:紋章の盾 (shield) 又は盾形 (escutcheon) の左右にわたる幅広の逆V字形の図形。山形紋。
    • Argent. a chevron Gules.
      (銀の字に赤のシェブロン)
  4. (主に英)最低車間距離を示すのに用いられる道路上に書かれたV字形の標識
    • I told you that in fact they were called chevrons and it was an exercise by the transport department to teach us to stay two chevrons behind the car in front. — Jamie Dunn, Truckie has a point, Sunshine Coast Daily Online, June 13, 2009

派生語[編集]

成句[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

chevron (三単現: chevrons, 現在分詞: chevroning, 過去形: chevroned, 過去分詞: chevroned )

  1. V字形の形にする
    • 1963, Lucien Victor Gewiss, "Process and Devices for Chevroning Pliable Sheet Material," US Patent 3397261 [1], page 14:
    "...the sheet to be chevroned locks itself into the furrow."
    "Bull fixed the claw under a batten, strained like a sailor at the capstan, shirt off, arms chevroned by elaborate tattoos"
    • 2003, Felice Picano, A House on the Ocean, a House on the Bay, ISBN 1560234407, page 55:
    "Earlier, in glaring winter daylight, I'd first noticed thin lines chevroning off the edge of each eye into the taut skin of his cheeks..."

フランス語[編集]

発音[編集]

  • IPA: /ʃǝ.vʁɔ̃/

名詞[編集]

名詞 1

chevron 男性 (複数 chevrons)

  1. 《建築》家の屋根を支えるために渡す木材。垂木たるき
  2. 《紋章》シェブロン:紋章の盾又は盾形 (écu) の左右にわたる幅広の逆V字形の図形。山形紋。
  3. 軍隊の下士官の制服につけるV字形又は山形の階級章。主に袖にある。
  4. 《印刷》不等号、又は引用符・括弧として使われる記号・文字 (< >)
    類義語 antilambda
  5. 《機械》歯車の歯が形作る山形