injuria sine damno

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

ラテン語[編集]

成句[編集]

injūria sine damnō

  1. 実質的な損害被害者の存在しない、違法な行為。

語源[編集]

名詞injūria「違法行為」+sine(名詞の奪格形を伴って)「~がない」+damnō(第二変化名詞damnum「損害」「被害」の単数奪格形)

対義語[編集]