norn

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

Norn も参照。

古ノルド語[編集]

名詞[編集]

norn複数 nornir

  1. ノルン。北欧神話(Edda)の、運命を司る女神。
    一番有名な、ウルズ(Urðr)、ヴェルザンディ(Verðandi)、スクルド(Skuld)の3姉妹以外にも、ノルニルはたくさんいて、そのどれかに、人は産まれるとそこへ運命を授かりに行く。
    また、人のみばかりでは無く、神々の運命をも司っていて、たとえ、神々であってもその運命からは、逃れられなかった。
(語義参考)
(日本語の「ノルン」と、アイスランド語の「ノルニル」との違いについて)

(参考)

  • 古ノルド語 - エーシル神族(æsir)