sunt

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

ラテン語[編集]

動詞[編集]

sunt

  1. sum(~である:コピュラ)の直説法現在第三人称複数形。

sumの活用[編集]

直説法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 sum es est sumus estis sunt
未来 erō eris erit erimus eritis erunt
半過去(未完了) eram erās erat erāmus erātis erant
完了 fuī fuistī fuit fuimus fuistis fuērunt
大過去(完了過去) fueram fuerās fuerat fuerāmus fuerātis fuerant
未来完了 fuerō fueris fuerit fuerimus fueritis fuerint
接続法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 sim sīs sit sīmus sītis sint
半過去(未完了) essem essēs esset essēmus essētis essent
完了 fuerim fuerīs fuerit fuerīmus fuerītis fuerint
大過去(完了過去) fuissem fuissēs fuisset fuissēmus fuissētis fuissent
命令 能相 所相
現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称) 現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称)
単数 es estō estō
複数 este estōte suntō
現在 完了 未来 現在 完了 未来
不定法 esse fuisse futūrus esse
分詞 futūrus -ra, -rum

ルーマニア語[編集]

発音[編集]

  • IPA: [sunt] / [sɨnt]

動詞[編集]

sunt

  1. fi(~である:コピュラ)の直説法現在第一人称単数形。
    sunt un bărbat
    私は男性です。
    sunt un băiat de şapte ani
    私は17歳の少年です。
  2. fi(~である:コピュラ)の直説法現在第三人称複数形。
    ei sunt bărbaţi
    彼らは男性です。

用法[編集]

古い綴りはsîntであるが、1993年にsînt→suntsîntemsuntemsînteţisunteţiの再構成が行われた。現代でも用いられることがあり、モルドバでは、sînt が一般的である。

類義語[編集]