átta

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

atta 、 Atta 、 attá 、 attā 、 åtta 、および attą̊ も参照。

アイスランド語[編集]

語源[編集]

古ノルド語 átta < ゲルマン祖語 *ahtōu < 印欧祖語 *oḱtṓw

発音[編集]

  • 押韻: -auhta

数詞[編集]

átta

  1. (基数)

派生語[編集]

名詞[編集]

átta 女性 (属格単数: áttu, 複数 áttur)

  1. (トランプなどの)八。

古ノルド語[編集]

語源1[編集]

ゲルマン祖語 *ahtōu < 印欧祖語 *oḱtṓw

数詞[編集]

átta

  1. (基数)
諸言語への影響[編集]

語源2[編集]

形容詞[編集]

átta

  1. áttiの男性単数斜格。
  2. áttiの女性単数主格。
  3. áttiの中世単数形。

名詞[編集]

átta

  1. áttの非限定複数属格。

動詞[編集]

átta

  1. eigaの直説法過去第一人称単数形。
  2. áttrの強変化女性単数対格。
  3. áttrの強変化男性複数対格。
  4. áttrの弱変化男性単数斜格。
  5. áttrの弱変化女性単数主格。
  6. áttrの弱変化中世単数形。

フェロー語[編集]

語源[編集]

古ノルド語 átta < ゲルマン祖語 *ahtōu < 印欧祖語 *oḱtṓw

発音[編集]

  • IPA: [ˈɔʰtːa]

数詞[編集]

átta

  1. (基数)