βραχίων

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典ギリシア語[編集]

語源[編集]

βρᾰχῠ́ς (brakhús) +‎ -ίων (-íōn)。上腕は前腕よりも短いことから。

発音[編集]

 
  • 紀元前5世紀: IPA(?): /bra.kʰí.ɔːn/ 3文字目のαは曖昧な母音, 5文字目のίは曖昧な母音
  • 紀元前1世紀: IPA(?): /bra.ˈkʰi.on/
  • 4世紀: IPA(?): /βra.ˈxi.on/
  • 10世紀: IPA(?): /vra.ˈçi.on/
  • 15世紀: IPA(?): /vra.ˈçi.on/
  • 名詞[編集]

    βρᾰχῑ́ων (属格 βρᾰχῑ́ονος) 男性, 第3変化 (brakhíōn)

    1. (解剖学) 上腕かた
    2. (詩的表現) つよさの象徴。

    派生語[編集]

    諸言語への影響[編集]

    • ラテン語: bracchium

    形容詞[編集]

    βραχίων (brakhíōn男性, βραχίων 女性, βρᾰχίων 中性; 第3変化

    1. βρᾰχῠ́ς (brakhús)の比較級。